妊娠中の骨盤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
骨盤

骨盤は左右の寛骨と後ろ側中央にある仙骨の3つで輪っかを作り、その中に赤ちゃんの入った子宮がおさまります。妊娠する前は骨と骨を靭帯がしっかり結びつけていますが、固すぎると産道を赤ちゃんがなかなか通れません。産道を通りやすくするために胎盤の絨毛組織から分泌されるホルモンが「リラキシン」といい、出産まで時間をかけて靭帯をゆるめる働きを担います。骨盤の靭帯をゆるめてくれるのはいいのですが、ホルモンは血液中を流れるため全身の靭帯がゆるくなってしまう副作用が起こります。結果として妊娠中は筋肉に負担がかかりすぎて腰痛だけでなく首・肩・背中なども痛くなりやすいのです。

骨盤の仙腸関節、恥骨結合をカバーする靭帯の他、尾てい骨と骨盤の本体をつなぐ靭帯も痛みの原因となる事も多いですね。そのため尾てい骨周囲の痛みを訴えて当院へお越しになる妊婦さんも多いです。

妊娠に伴ってゆるくなる靭帯をカバーして負担を減らしてくれるのが、骨盤の輪っかをしっかり締めてくれるトコちゃんベルトです。産後もしばらく靭帯がゆるいままになっていますので、少なくとも産後2~3ヶ月はトコちゃんベルトを装着し続ける事をおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

営業カレンダー

電話相談・お問い合わせ

電話048-832-5959

過去の記事/月別

記事/カテゴリー別

ページ上部へ戻る
Top