骨盤をケアしてきれいなハート型のお尻を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハート

妊娠中、ゆるくなった靱帯をすぐに強化することはできません。産道を拡げるため、ホルモンの助けを借りて靱帯が柔らかくなるので骨盤がゆるくなるのを止めることはできないのです。骨盤の関節のゆるみと骨盤の前傾、この2つが合わさってお尻が大きくなってしまいます。
妊娠初期から骨盤をケアするのが理想的なのですが、中期・後期に入ってしまっている方は一日も早く骨盤のケアをしましょう。下腹部の圧迫感や尿もれは骨盤のひらき・ゆるみと関係しています。
産後にウェストサイズが妊娠前と同じに戻っても、下腹部のポッコリ感・O脚・大尻や、ジーンズなどが脚のつけ根に引っかかって履けない…なんて事が気になる方は大勢いますね。

予防策はあります!妊娠中に骨盤をゆるませすぎない事と、骨盤のゆがみがひどくならないようにカイロプラクティック・整体でケアしておく事です。ゆるみとゆがみがある骨盤ではしんどいまま出産を迎えてしまい、産後の腰痛もひどくなってしまうので、骨盤のゆがみを整えてからトコちゃんベルトで締めておくとよいですね。

関連記事

コメントは利用できません。

営業カレンダー

電話相談・お問い合わせ

電話048-832-5959

過去の記事/月別

記事/カテゴリー別

ページ上部へ戻る
Top